松阪牛とタレについて

牛肉は、脂の霜降り(サシ)がよく入っている部位が、ほんのり甘く、柔らかくて人気です。松阪牛がおいしいと評判なのは、肉やサシが独特の飼育法でまんべんなく体にまわっているから。食欲増進のためにビールを飲ませたり、血行をよくするためにマッサージをするなど、丹精こめて育てられ、とろけるほどの柔らかい最高級の松阪肉ができるのです。

最上級「A5」の松阪牛を、焼肉で!!
松阪牛「A5」といえば、言わずと知れた和牛の最高峰。 一般的に、すき焼きやしゃぶしゃぶの最上級肉として供されるこのクラスは、焼肉用とされることはほぼありません。一升びんでは、その『松阪牛「A5」』を焼肉として提供!箸で掴んで近づけただけでも違いの分かる素晴らしい香りと、一口噛めば口中にほとばしる肉汁とともに、融けるような舌触りは、ちょっと他では味わえません!

秘伝!!自家製味噌ダレ
最高の肉を、更に美味しく召し上がっていただく秘密が、この秘伝の味噌ダレ!創業以来50年余り、脈々と伝わってきた、門外不出の逸品です。その味わいは、こくのある自家製ダレでありながら決して自己主張しすぎることはなく、あくまでも肉の味わいを最大限引き立たせる脇役に徹します。ぜひご賞味下さい!

 肩バラ
やや固めの肉質で、適度に脂肪の層がある。特撰~並カルビになる。

 肩ロース
柔らかく風味があり、サーロインよりきめは細かい。 サシの入りもよく、特撰ロースに最適。

 リブロース
赤身と脂肪のバランスがよく、きれいなサシ目が特徴。 風味がよくて高い評価を受ける部位。

 サーロイン
きめの細かい上質の赤身で柔らかい。風味にも優れ、ロースとして最高部位。

 ヒレ
サーロインの下に付随し、脂肪が少なくきめが細かい、もっとも柔らかい部位。

pagetop